たんぽぽ舎パンフNo.66 人類の歴史と核 (小出裕章著)

人類の歴史と核

貧困に苦しむ人々とエネルギー消費をする人々

京都大学原子炉実験所 小出 裕章 著 36頁
第一刷 2007年6月
頒価 400円
目次
I.人類の誕生とエネルギー消費1
  1. 地球の誕生と人類
  2. 人類の歴史とエネルギー
  3. 生物絶滅とエネルギー消費
II.JCO事故の恐ろしさと放射線被曝4
  1. 1999年9月30日核燃料加工工場での事故とは
  2. 放射線の発見と被曝の恐怖
  3. 生命体を滅ぼす放射線のエネルギー
  4. 変遷する放射線の許容量
  5. 被曝を避ける3原則と内部被曝
  6. ポロニウムの毒性
III.原子炉の考案とマンハッタン計画12
  1. 広島、長崎の惨劇と2つの原爆
  2. プルトニウムの製造
  3. 核兵器製造-3つの技術は濃縮、原子炉、再処理
IV.死の灰を作り出す原子力発電18
  1. 原子力発電も「湯沸かし装置」
  2. チェルノブイリ原発事故の惨禍
  3. 六ヶ所再処理工場の危険
  4. 海外に依存した日本の原子力開発と地球の放射能汚染
  5. 海洋汚染とトリチウム放出
V.貧困に苦しむ人々とエネルギー浪費をする人々26
  1. 日本のエネルギー消費と寿命
  2. 世界のエネルギー浪費大国と貧困する人々
  3. 映画『東京原発』から
 質疑応答33


トップページ » パンフレット » たんぽぽ舎パンフNo.66 人類の歴史と核 (小出裕章著)