たんぽぽ舎パンフNo.46 「原発事故の防災対策 -早く10キロ圏外へ逃げること-」(槌田敦著)

原発事故のときの逃げ方、防災に関するたんぽぽ舎パンフレットを無料公開しました。
PDFファイルです。

たんぽぽ舎パンフレットNo.46
「原発事故の防災対策 - 早く10キロ圏外へ逃げること - 」(槌田 敦 著) (PDF 2.4MB)
(第1刷 1999年12月、第3刷 2010年11月 B5版32ページ 頒価400円)

発行 たんぽぽ舎
 〒101 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
 TEL 03-3238-9035 FAX03-3238-0797
 郵便振替 00180-1-403856

・カンパを歓迎いたします。
・パンフ現物は集会等で400円で販売しています。
 ご希望の方はFAXかメールでご連絡下さい。 すぐお送りします(400円+送料100円=500円)
  Email <nonukes@tanpoposya.net>   FAX 03-3238-0797


目次  
はじめに - 発行の経緯と目的
原発事故の防災対策
JCO事故と防災
ウィンズケール原子炉事故
チェルノブイリ事故
  (1)風による汚染
  (2)雨による汚染
10
原発事故で放出される放射能 13
被曝は10倍ごとに影響が違う 15
原子力産業会議マル秘報告書
  (1)晴れ(逆転)の場合
  (2)晴れ(対流)の場合
  (3)晴れ(逆転)・高所放出の場合
15
原産マル秘報告、国会への虚偽報告は犯罪 19
原子力防災、逃げることの意味 19
10キロ圏内の防災
  (1)逆転晴、微風の場合
  (2)逆転晴、弱風の場合
  (3)対流晴、乱風の場合
  (4)降雪の場合
  (5)曇の場合
22
10キロ - 30キロ圏内の防災
  (1)逆転晴、微風・弱風の場合 
  (2)その他の気象条件の場合
26
30キロ - 100キロ圏内の防災
  (1)逆転晴、微風・弱風の場合
  (2)その他の気象条件の場合
27
その他、考えられること
  事故を知る方法、防災用品、飲み水、逃げ方
27

参考資料「全国の核関連施設」

28
資料1.放射能の単位について 30
資料2.原子力防災に関する提言  山本 定明 31
 

トップページ » パンフレット » たんぽぽ舎パンフNo.46 「原発事故の防災対策 -早く10キロ圏外へ逃げること-」(槌田敦著)