2011年 2月17日(木)いろりばた会議「原発の海外輸出 -その問題点-」のご案内

 

《環境と原発問題の学習会『第155回いろりばた会議』のご案内》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■テーマ
 『原発の海外輸出?その問題点?』
■提起
 「原発海外輸出の怪しい世界」
   山崎久隆さん(たんぽぽ舎、劣化ウラン研究会)
 「原発反対国際署名運動」
   竹野内真理さん(ヒバク研究会)
●日 時:2011年2月17日(木) 18:30開場、18:45?21:00
●会 場:たんぽぽ舎会議室
《内 容》
民主党政権になってから政府が率先して原発輸出に取り組む
姿勢を強め、首相自身が原発の売り込みに奔走するように
なっています。
昨年10月には官民一体となって原発輸出に取り組むために
電力会社・メーカー等13社により「国際原子力開発株式会社」
が設立されました。
(電力9社、東芝、日立製作所、三菱重工業、産業革新機構)
マスコミでも連日のように原発輸出関連のニュースが紹介
されていますが、その問題点についてはほとんど取り上げ
られていません。
今回のいろりばた会議は、怪しい「原発ルネッサンス」と
原発輸出の問題点について解説してもらいます。
また、竹野内真理さんに原発反対の国際署名運動について
紹介してもらいます。
皆様のご参加をお待ちしております!
★山崎久隆さんの文章を抜粋して紹介します。
???????????????????????????
(初出「状況2011 冬」)
「日本の原発輸出がもたらす危機」山崎久隆(たんぽぽ舎)
?「原子力ルネッサンス」下の民主党政権による原発政策批判
 日本の原子力技術は「核兵器に必要な個々のパーツはすべて
製造可能で、核兵器にするには部品を組み立てればよい」水準に
あることは世界でも常識だ。そのような国が世界各国に原発を
始めとした原子力技術を移転させること自体、核拡散体制を
崩壊させることにつしなるであろう。
 もちろん米ロ英仏中も同じ技術を保有しており、同じように
核兵器開発技術(これを機微技術という)の移転という問題を
抱えている。しかし日本の場合は原子力産業界がそもそも何が
機微技術なのかを理解しているとは思えない。
これまでも核兵器ではないとしても、いとも簡単に危険な
情報や技術が流出してきたし、今後も拡大する恐れが高い。
 最初の台湾第四原発の話に戻ると、原発の沖合80キロの
地点に海底火山の存在が確認されている。さらに火山の
爆発による津波の発生と、地震の襲来が同時に発生する
可能性がある。地震や火山の危機を有しているのは日本の
原発と同じだ。建てるべきところではないところに建設を
しているのも同じだ。
 日本の原発輸出は同じ過ちを世界に「輸出」することに
なる。その責任は重い。
 民主主義の度合いと原子力災害の被害は反比例する。
最悪のチェルノブイリ原発事故はソ連で起きた。インドの
ジャドゴダではウラン鉱山が先住民への被害をもたらして
いる。情報公開も不十分で意志決定に参加も出来ない国の
人々に対して原発輸出は大きな苦痛を与えることになる。
安全基準や事故対応は公開されるのか、労働者の被曝管理は
どうなっているのか。
日本の私たちが監視すべきことは沢山ある。
???????????????????????????
★参加者よりの発表、資料の持ち寄り、参加歓迎です
●資料代:800円
●主 催:原発と環境の学習会いろりばた会議
●連絡先:たんぽぽ舎
 〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
       TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
       HP http://www.tanpoposya.net/
──────────────────────────────
 たんぽぽ舎のホームページと電子メールアドレス変更のお知らせ
 ホームページアドレスは次のように変更となっております。
             http://www.tanpoposya.net/   
 メールアドレスは、次のように変更となっております。
          新アドレス:nonukes@tanpoposya.net  
 今後ともよろしくお願い致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 たんぽぽ舎では、急ぎの催し物・学習会、重要な情報や大きな
問題への見解などを敏速に多くの人たちへお知らせしたいと考え
ています。
 環境問題と原子力の問題(究極の目標は核の廃止)を追求する
たんぽぽ舎の最新の活動案内・情報・見解等をお送り致しますの
で、ごらんいただくと幸いです。
 この「お知らせメール」送付不用の方は、ご面倒をおかけしま
すが、ご返信願います。
 次回からリストよりはずさせていただきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  たんぽぽ舎      たんぽぽ舎は、月曜?土曜?
             13:00?20:00のオープンです。
             日曜・休日は、お休みです。
   〒101-0061
   東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
    TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
    HP ttp://www.tanpoposya.net/

《環境と原発問題の学習会『第155回いろりばた会議』のご案内》

■テーマ

 『原発の海外輸出 - その問題点 - 』

■提起

「原発海外輸出の怪しい世界」
山崎久隆さん(たんぽぽ舎、劣化ウラン研究会)

「原発反対国際署名運動」
竹野内真理さん(ヒバク研究会)


●日 時:2011年2月17日(木) 18:30開場、18:45から21:00
●会 場:たんぽぽ舎会議室

《内 容》

民主党政権になってから政府が率先して原発輸出に取り組む姿勢を強め、
首相自身が原発の売り込みに奔走するようになっています。

昨年10月には官民一体となって原発輸出に取り組むために、電力会社・
メーカー等13社により「国際原子力開発株式会社」が設立されました。
(電力9社、東芝、日立製作所、三菱重工業、産業革新機構)

マスコミでも連日のように原発輸出関連のニュースが紹介されていますが、
その問題点についてはほとんど取り上げられていません。

今回のいろりばた会議は、怪しい「原発ルネッサンス」と原発輸出の
問題点について解説してもらいます。

また、竹野内真理さんに原発反対の国際署名運動について
紹介してもらいます。

皆様のご参加をお待ちしております!

 

★山崎久隆さんの文章を抜粋して紹介します。

 


 

(初出「状況2011 冬」)
「日本の原発輸出がもたらす危機」 山崎久隆(たんぽぽ舎)
?「原子力ルネッサンス」下の民主党政権による原発政策批判

 日本の原子力技術は「核兵器に必要な個々のパーツはすべて製造可能で、
核兵器にするには部品を組み立てればよい」水準にあることは
世界でも常識だ。
そのような国が世界各国に原発を始めとした原子力技術を
移転させること自体、核拡散体制を崩壊させることにつしなるであろう。

 もちろん米ロ英仏中も同じ技術を保有しており、同じように
核兵器開発技術(これを機微技術という)の移転という問題を抱えている。
しかし日本の場合は原子力産業界がそもそも何が機微技術なのかを
理解しているとは思えない。

これまでも核兵器ではないとしても、いとも簡単に危険な情報や
技術が流出してきたし、今後も拡大する恐れが高い。

最初の台湾第四原発の話に戻ると、原発の沖合80キロの地点に
海底火山の存在が確認されている。さらに火山爆発による
津波の発生と、地震の襲来が同時に発生する可能性がある。
地震や火山の危機を有しているのは日本の原発と同じだ。
建てるべきところではないところに建設をしているのも同じだ。

 日本の原発輸出は同じ過ちを世界に「輸出」することになる。
その責任は重い。

 民主主義の度合いと原子力災害の被害は反比例する。
最悪のチェルノブイリ原発事故はソ連で起きた。
インドのジャドゴダではウラン鉱山が先住民への被害をもたらしている。
情報公開も不十分で意志決定に参加も出来ない国の人々に
対して原発輸出は大きな苦痛を与えることになる。

安全基準や事故対応は公開されるのか、労働者の被曝管理は
どうなっているのか。
日本の私たちが監視すべきことは沢山ある。

 


★参加者よりの発表、資料の持ち寄り、参加歓迎です

 

●資料代:800円
●主 催:原発と環境の学習会いろりばた会議
●連絡先:たんぽぽ舎

〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/


トップページ » イベント情報 » 2011年のイベント » 2011年 2月17日(木)いろりばた会議「原発の海外輸出 -その問題点-」のご案内