たんぽぽ舎パンフNo.30 「もんじゅ」事故の意味するもの

30「もんじゅ」事故の意味するもの
1996年10月 藤田 祐幸 32ページ 300円

藤田祐幸・講演録

目次

はじめに  1

第1章 ついに起こったナトリウム火災
 
 1.繰り返されたナトリウム事故
 2.なぜナトリウムを使うのか
 3.寄り道するナトリウム配管
 1
 2
 3

第2章 隠された映像?ビデオ隠し事件?
 
 1.ビデオ隠し事件
 2.隠された映像
 3.ナトリウム火災とは何か
 5
 6
 9

第3章 事態を把握できない中央制御室
 
 1.現場に走った運転員
 2.漏れ出したナトリウム量を把握できない制御室
 3.原子炉を止める権限のない当直長
 4.火災警報が鳴らない制御室
 5.なぞの10分間?手動停止の怪?
 6.なぜ遅れたナトリウム抜き取り作業
11
12
13
13
14
14

第4章 もんじゅの構造的欠陥とずさんな設計の実態
 
 1.無視された窒息消化の原則
 2.止まらなかった空調
 3.循環したナトリウム化合物
 4.空調ダクトに穴が飽いたのは8時半ころだった
 5.温度計はなぜ折れたのか
 6.ナトリウム化合物の影響
16
16
16
18
19
20

第5章 プルトニウム政策の行き着く先?核武装への道?
 
 1.核燃料サイクル
 2.先進国がプルトニウムから撤退した三つの理由
 3.日本の核疑惑
 4.核兵器の作り方
 5.日本は核武装するのか
22
23
24
24
26

第6章 「もんじゅ」は「おしゃか」に

28

編集後記

31


トップページ » パンフレット » たんぽぽ舎パンフNo.30 「もんじゅ」事故の意味するもの