【TMM:No2300】2014年10月7日(火) 地震と原発事故情報|川内原発を中止せよ。再稼働は日本を滅ぼす(第19回)(柳田真)|読者からイベント案内|新聞・雑誌より|テント日誌10/5(日)|

たんぽぽ舎です。【TMM:No2300】
2014年10月7日(火)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                              転送歓迎
━━━━━━━
★1.まず“再稼働ありき”の結論で、火山の心配に目をつぶり、川内原発合格証の
   規制委員会
   ところが、御嶽噴火・死者でウソがばれ、「非」科学的・二枚舌の弁明を続ける
   田中委員長・安倍内閣
     川内原発を中止せよ。再稼働は日本を滅ぼす(第19回)
             柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
★2.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 ◆東電元幹部の起訴を求める東京地検前行動および署名行動(お願い)(10/8,10/22)
  ◆環境省発注福島県田村市除染事業における偽造健康診断書および危険手当ピンハネ等
  労働問題に関する関係各省交渉、鹿島申し入れおよび記者会見のお知らせ(10月9日)
  ◆「祝の島」上映会&纐纈あや監督と昼食会・トークのご案内(10月12日)
★3.新聞・雑誌より5つ
 ◆候補者乱立 見えぬ焦点  漂うしらけムード   福島知事選
         (10月5日茨城新聞より抜粋)
 ◆  電力会社と自民党のカネまみれ
  過去15年で21億円超  役員・子会社経由で多額の政治献金 
                         (週刊金曜日  10月3日号より抜粋)
 ◆「想定外起こる」噴火受け小泉元首相   (9月30日東京新聞より抜粋)
 ◆原発再稼働に自然界が警告 主婦  中嶋由美子(東京都小平市)◆
                    (10月4日東京新聞「発言」欄より)
  ◆ 再生エネ買わず  
   ひんしゅくは買います -電力会社   (横須賀市・虹児)
                              (10月4日東京新聞「笑ケース」)
★4 久しぶりの右翼の襲撃は再稼動の動きに連動したものか(?)
     テント日誌10月5日(日)経産省前テントひろば1121日 商業用原発382日
               (I.K)(K.M)
━━━━━━━
※川内(せんだい)原発再稼働やめろ! 永遠に原発ゼロに!
 10/10(金)第121回首相官邸前抗議にご参加を!
 日時:10月10日(金)18:00~20:00
 主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
    当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照
○たんぽぽ舎はいつものように13:00集合、ビラ折りやプラカードづくりの作業、たんぽ
ぽ舎16:20出発、17:00頃、関西電力東京支店(富国生命ビル9F)前で短時間の抗議コール。
17:15「経産省前テントひろば」集合。
 1~5班にわかれて17:30官邸前、国会前へ出発。週刊金曜ビラ(10/10第121号)を配布
します。
20:20経産省前テント横でまとめの集会と東電抗議の際の楽器練習(短時間)。参加歓迎!
━━━━━━━

┏┓
┗■1.まず“再稼働ありき”の結論で、火山の心配に目をつぶり、川内原発合格証の
 |  規制委員会
 |  ところが、御嶽噴火・死者でウソがばれ、「非」科学的・二枚舌の弁明を続ける
 |  田中委員長・安倍内閣
 |    川内原発を中止せよ。再稼働は日本を滅ぼす(第19回)
 └──── 柳田真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

1.9月10日、原子力規制委員会(田中委員長)は「まず、再稼働ありきの結論」をもっ
て九州電力川内原発の審査を行い、九電の火山申請文の間違い・いい加減さに目をつむっ
て印を押し、川内原発合格証を発行した。「3年半を超す・ほぼ原発なしの日本」から再
び「原発の国・日本へ」と逆行したスタート日だった。

2.ところが規制委火山チームの初会合(8月25日)で火山専門家らは一斉に「巨大噴火
の予知困難」と主張した。
それを報じた南日本新聞(九州鹿児島に本社-川内原発の地)の文を紹介する。

☆南日本新聞8月26日より
 「巨大噴火の予知困難」         “川内原発を考える”
   規制委火山チーム初会合 専門家ら指摘

 原子力規制委員会は25日、原発周辺にある火山の巨大噴火の兆候をとらえた場合の対応
を検討する専門家チームの初会合を開いた。九州電力川内原発1、2号機(薩摩川内市)の
審査で、九電が実施すると説明した周辺火山の監視に絡み、専門家からは「現在の火山学
では、巨大噴火の予知は極めて困難」といった異論が相次いだ。
 検討チームは9月中に基本的な考え方をまとめ、その後1年程度をかけて、噴火の判断
基準などを論議する。

3.御嶽山の噴火ー死者多数で「火山噴火予知できる」とした九電・規制委・政府は窮地
に立った。そこで、色々の弁解(詭弁)を弄する。朝日新聞10月5日号の報道の一部を紹
介する。

☆10月5日朝日新聞より
 原発、予知頼みの火山対策  「予測は限界」専門家が警鐘
   川内原発で想定する噴火 規制委「御嶽と違う」
 新基準160キロ内の火山考慮 降灰への備えは途上

○ 「御嶽山よりもはるかに大きい規模の噴火を前提に厳格な審査を行っており、安全性
は確保される」
 安倍晋三首相は2日の参院本会議で、再稼働に向けた手続きが進む九州電力川内(せん
だい)原発(鹿児島県)の火山対策についてこう述べた。

○ しかし、御嶽山の噴火で予知の限界が改めて浮き彫りになった。「前兆はつかめるの
か」「九電の見解は誤りでは」。9月30日の鹿児島県議会の特別委員会でも、御嶽山を
引き合いに川内原発の対策をただす質問が目立った。
 ただ、九電や規制委の方針は変わらない。田中俊一委員長は「今回の水蒸気噴火と巨大
噴火では起こる現象が全然違う。一緒に議論するのは非科学的だ」。

○ 火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は「現在の予知は経験則で成り立っている。巨大
噴火は観測したことがなく、御嶽山のような水蒸気爆発より分からないことが多い」と話
す。

4.火山噴火の予知は残念ながら、現在の科学技術ではできない(地震予知もできない)。
火山の噴火の仕組みが分かっていないし、火山研究は実績がない。100年前の大正桜島
大噴火(九州川内原発から50kmの近さ)も気象台は「噴火せず」と否定して、死傷者を
出し大失敗を犯した位だ。

5.神戸大名誉教授の石橋克彦氏も「川内原発の規制委審査は無効だ」と主張している。
(週刊朝日、東京新聞10月6日)法令違反なみの手抜きをして、多彩な地震を検討せず、
地震の揺れを軽視し、甘-い火山想定だと断言する。どこから見ても9・10規制委川内
合格証を取り消すべきだ。

6.10月15日(水)昼休み、規制委員会抗議に行こう。合格審査を取り消せと。再稼働阻
止全国ネットワークの主催です。ちまたの声を規制委にぶつけよう。


┏┓
┗■2.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 └─── 

 ◆東電元幹部の起訴を求める東京地検前行動および署名行動(お願い)

 7月31日の東京検察審査会による東電元幹部の“起訴相当”により東京地検は昨年9月
の不起訴処分を破棄し、捜査をやり直しています。
10月末までに起訴を提起するかどうか何らかの判断を行います。
 わたしたちは、「東京第5検察審査会の議決を尊重し、東電元幹部の起訴を求める要請
署名」を取り組んでいます。是非、ご協力ください。(締め切り10月21日必着)
(東京地検前宣伝行動)
 10月8日(水)、22日(水)いずれも午前8時~9時 東京地検前
(東京地検要請行動)
 10月8日(水) 午前9時~ 要請書提出
 10月22日(水) 午前9時~ 要請書名提出
(問い合わせ)東電の刑事責任を追及する会 小林 080-1104-4432

◆ 環境省発注福島県田村市除染事業における偽造健康診断書および危険手当ピンハネ等
労働問題に関する
関係各省交渉、鹿島申し入れおよび記者会見のお知らせ
【開催日時・場所】
2014年10月9日(木) 
 13:40-15:00 環境省・厚生労働省・国土交通省交渉
        場所:参議院議員会館102会議室
        東京都千代田区永田町2-1-1
 15:00-15:30 記者懇談会 場所:同上
 16:30-17:00 鹿島建設申し入れ
        場所:鹿島建設本社
        東京都港区元赤坂1-3-1
--
なすび <nasubi@jca.apc.org> 
 山谷労働者福祉会館 活動委員会
 〒111 東京都台東区日本堤1-25-11 tel/fax: 03-3876-7073
 山谷労働者福祉会館 http://www.jca.apc.org/nojukusha/san-ya/
 被ばく労働を考えるネットワーク http://www.hibakurodo.net

◆「祝の島」上映会&纐纈あや監督と昼食会・トークのご案内
【日時】 10月12日(日) 10時と14時  (それぞれ上映終了後にトーク予定) 
【会場】大田区立消費者生活センター(JR蒲田駅東口 川崎駅側に徒歩3分)
     大田区蒲田五丁目13番26号の101   定員各70名
【参加費】 直接会場へ 会費1000円 

スロー・シネマ・カフェin大田 10月のドキュメンタリー映画は
 「祝の島」http://www.hourinoshima.com/
  予告編 http://www.youtube.com/watch?v=fn2qN9kp204
纐纈あや監督をお招きして最近の島民の様子などもお聞きしたいと計画しました。
原発の再稼働の問題も話し合いたいと思います。
本格的なきれいな映像で上映しますので是非ご来場下さい。

主催:3わ会・耕す人びと大田・まちづくりエンパワーメント
問い合わせ:コウダツ090-7256-3412 soukichi520@docomo.ne.jp


┏┓
┗■3.新聞・雑誌より5つ
 └──── 

 ◆候補者乱立 見えぬ焦点  漂うしらけムード   福島知事選

      東京電力福島第1原発事故後初となる福島県知事選は9日告示、26日投開票される。
2期目の現職、佐藤雄平(さとう・ゆうへい)知事(66)が不出馬を表明したのは告示
の約1カ月前で、選挙の構図が固まったのも9月後半。自民党は党本部と地元で候補者擁立
をめぐるごたごたもあり、候補者が乱立する中、争点が見えず、県民の間にはしらけたム
ードも漂う。
 ▽安全策
 「人の道に反する行為だ」「執行部は進退を考えろ」。福島市内にある自民党県連で怒
声が飛び交った。9月15日、地域の支部長らを集めて開かれた会合。県連執行部が、一度
は決めた元日銀福島支店長への推薦を取り消したことを伝えると出席者の不満が爆発した。

 背景には、民主などが推す前副知事の内堀雅雄(うちぼり・まさお)氏(50)に相乗り
し、負けを回避したい党本部の思惑があった。
 11月の沖縄県知事選は保守分裂選挙となる公算で、自民推薦の現職が苦戦するのは必至
の情勢。7月の滋賀県知事選は「思わぬ敗北」(自民党幹部)を喫した。この間の福島知
事選で、連敗を避けるには、内堀氏に野党と相乗りする「安全策」(党関係者)を取るし
かなかった。県連は結局、党本部に押し切られる形で内堀氏の支援を決めた。    (後略)

                           (10月5日茨城新聞より抜粋)
 
◆  電力会社と自民党のカネまみれ
  過去15年で21億円超  役員・子会社経由で多額の政治献金

  原発を抱える電力主要9社から自民党の資金団体「国民政治協会」に対し,子会社や
役員個人経由で、過去15年間で21億円を超す政治献金がなされていたことが判明した。
  原発再稼働と原発輸出の方針を進める自民党だが、これは業界からの事実上の賄賂では
ないのか。
 折りしも日本経団連は政治献金を解禁する方針を発表(9月8日)。
 自民党が率いるカネまみれの腐敗政治はとどまるところを知らない。
                      (週刊金曜日  10月3日号より抜粋)

 ◆「想定外起こる」噴火受け小泉元首相

   小泉純一郎元首相は29日、御嶽山の噴火に関して「専門家も想定外と言っている。
想定外とはいつでも起こりうる。日本はもう原発をやってはいけない国だ」と述べ、火山の
リスクが指摘される川内原発再稼働の動きを批判した。(後略)
               (9月30日東京新聞より抜粋)

◆原発再稼働に自然界が警告 主婦  中嶋由美子(東京都小平市)

    多くの登山者が楽しんでいるところを突然襲った御嶽山の噴火。「逃げられる状況で
はなかった」「死を覚悟した」等々、押し寄せる噴煙、火山灰、噴石の猛威からかろうじ
て避難できた方々の語る言葉は想像を絶するだに恐怖だ。「天災は忘れた頃にやってくる」
の諺に審理を感じる。
 これは、周辺に火山が多い九州電力川内原発再稼働への自然界からの異議申し立てでも
あろう。
 黒澤明監督は「夢」の「赤富士」の章で、富士山の大噴火に原発事故が加わるという天
災と人災の複合災害の恐怖を描いた。視覚的効果を意図して赤く着色された放射能の桐野
中を人々が半狂乱で逃げ惑うさまは阿鼻叫喚の地獄絵だった。同映画の再上映で、原発再
稼働反対派が圧倒的多数になることを望む。
                              (10月4日東京新聞「発言」欄より)

◆ 再生エネ買わず  
   ひんしゅくは買います   -電力会社 
        (横須賀市・虹児)
                              (10月4日東京新聞「笑ケース」)

┏┓
┗■4.久しぶりの右翼の襲撃は再稼動の動きに連動したものか(?)
  |   テント日誌10月5日(日)経産省前テントひろば1121日 商業用原発382日
 └──── (I.K)(K.M)
   
○台風18号の影響で朝から雨、テント前をスピード出して通り過ぎる車の水しぶきの音が
うるさい。
 昨日座り込んで下さったTさんからドイツの女性が来た話など色々聞いてメモしていた
ら、突然あちらの街宣車が10数台現れテント前に折り重なるように駐車して下りてきて此
処は国有地だぞ!お前ら4年も占拠しているのか!
 雨なので私たちは皆テントに入っていたので“”留守か?“居ないうちにぶっ壊すか!”
などとわめいてテントを激しく揺すり始めた。
入り口の戸がはずれ、受付の棚のものが落下した。どんな団体か確認したかったが、入り
口の扉が雨のしずくで曇っていてよく見えなかった。
 唯一一台の車に…日本国政党とあったのだけ読めたのだけれど…伴走して来た公安の人
が制止するが、あちらの人数にはかなわない。
 暫らくして外務省の警官か? 2人ほど来てやっと暴漢は引き上げた。今までなら丸の
内署の人が駆けつけてくれたのだけれど…テントに割りと好意的だったKさんが転勤して
しまったせいだろうか?
 彼らが去った後周囲を点検したら、幟旗が倒され花鉢が壊されていた。そして経産省が
設置した「国有地関係者以外立ち入り禁止」の看板が一つ壊された。器物破損ですね(笑
い)?
 テントの中では飾ってあったYさんの写真とKさんの似顔絵が落ちていた。暫らくこん
な事は無かったのに何故?もしかして再稼働したい影の力が働いているのではと一寸怖く
なる。
 その後は何事も無くテントの中で昔話や映画のことなどで楽しい会話が続いた。

○さて襲撃の前に話していた昨日の事、ドイツのアルトパーとラさんと言う方が来て下さ
り色々話していかれたそうだ。
 彼女は日本とドイツを行ったり来たりして金曜行動にも参加しているとのこと、そして
日本の情報をドイツに送っている。
ドイツの状況:ウラン再処理(核兵器目的)に動いている。彼女の住んでいる州の緑の党
も変ってきている。
(電力会社のパワーが強く圧力が掛かって居るせい?)
 隣国のポーランドでも原発推進の動きがある。自分はチェルノブイリのとき17歳だった。
姪が小さかったので地面の汚染などが怖かった。
 今でもチェルノブイリのせいで国内で汚染されて放射能の線量が高いところが多い。
などなど沢山の話をしたそうです。
 以下のURLはドイツで活躍している脱原発団体「さよなら原発デュッセルドルフです。
 http://www.sayonara-genpatsu.de/
 昨日は多くの人が座ってくださったそうで良かった!
 9時半ごろ泊まりのKさん第2テントのHさんが来てくださったので私とTさんは失礼した。
台風の影響がないことを願います。(I・K)

○テントは雨には強いのだが風には…
 大雨の中、テントにたどりついたら、既にテント内部は修復されていた。台風の前に来
た沢山の街宣車。脱原発を訴える右翼もいるのに暴力行為は残念だ。18号が近づき、
夜半から朝方までずっと激しい雨が続くが、幸い、川内の「6号店」も無事と聞き皆で祝杯。

 霞ヶ関の築3年のテントも雨には強い。
 朝7時過ぎに経産省の職員3人が来て、昨日の招かれざる客が壊していった「国有地関
係者以外立ち入り禁止」の看板の写真を撮り、修復して帰って行った。いつもは、私たち
を呼び出して警告を発するのに、今朝は逃げるように帰って行った。何か後ろめたいこと
でもあったのか?
 台風18号は浜松に上陸したらしい。地下鉄は動いているらしく、大雨の中通勤客がテ
ント前を歩いている。テントに当たる雨音が会話を遮る。台風が大風で経産省前テントを
ふっ飛ばさないことを祈る。
           (K・M)

※10月14日(火)10時30分 テント裁判第8回口頭弁論 東京地裁大法廷(103号)これま
でと時間が異なります。留意して下さい。裁判報告集会13時(参院議員会館講堂)。

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
 へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
   郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
 メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
 1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
 日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
 以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
 2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及
 び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
 送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
 なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
 都合上すべてを掲載できない場合があります。
 たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
 予めご了承ください。
──────────
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページをご参照下さい。
 ◆メールマガジンを送ります
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
   ご希望の方は、件名を「メルマガ希望」としてご自身のEメールアド
  レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
  違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
  なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯への送信は、1回の容量が多いためか全文配信されない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net



トップページ » 原発情報 » 地震と原発事故情報アーカイブ » 2014年10月の地震と原発事故情報 » 【TMM:No2300】2014年10月7日(火) 地震と原発事故情報|川内原発を中止せよ。再稼働は日本を滅ぼす(第19回)(柳田真)|読者からイベント案内|新聞・雑誌より|テント日誌10/5(日)|