【TMM:No2297】2014年10月3日(金) 地震と原発事故情報|鹿児島現地から訴える ストップ!!川内原発再稼働 先月27日、木曽の御嶽山の大噴火、誰ひとり予知出来ず!(岩井哲)|9/27~9/28「川内原発再稼働を許さない共同行動」に参加して 相談会~交流会。全国からの参加者との距離が短くなったと実感(松本英治)|読者からイベント案内|新聞より|

たんぽぽ舎です。【TMM:No2297】
2014年10月3日(金)地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
★1.鹿児島現地から訴える ストップ!!川内原発再稼働
  先月27日、木曽の御嶽山の大噴火、誰ひとり予知出来ず!(岩井 哲)
★2.927~928「川内原発再稼働を許さない共同行動」に参加して
  相談会~交流会。全国からの参加者との距離が短くなったと実感
  川内原発近くの砂浜に作られた「川内原発テント」を訪問
  大袈裟でなく、今まさに、日本の歴史、人類の歴史の分岐点(松本英治)
★3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 特別上映会「イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘」
 10月15日(水)10時30分~ 豊島北教会(東京・豊島区)
★4.新聞より
 ◇電力5社、相次ぎ停止 再生エネルギー新規契約
  (10月1日 朝日新聞 名古屋 朝刊より)(見出しのみ)
 ◇九電が首都圏で電力小売り参入へ 千葉に大規模発電所
  (9月30日 朝日新聞より)(見出しのみ)
 ◇川内再稼働、年明け以降に 九電、工事計画一部提出
  (9月30日 共同通信より)
 ◇御嶽山噴火、水蒸気爆発の典型的な前兆あった レベル2出すべきだった
  有珠山予知の学者が批判  (10月3日 東京新聞より)
 ◇有珠山抱える自治体では前兆現象=噴火の認識
  (10月2日 室蘭民報より)
 ◇川内原発の火山影響 論議再燃 九電「3万年前、火災流到達」
  (10月3日 東京新聞「こちら特報部」より)
━━━━━━━
★5日(日)14時から[懇話会]<<木幡ますみさんを囲んで>>
 テーマ:吉田元所長証言、汚染水、中間貯蔵地、福島県知事選挙 その他
 参加費 800円 ぜひご参加ください!!
★6日(月)19時から[学習会]沖縄と原発 その共通点と今後の活動のヒント
 お話:水沢澄江さん 参加費800円(学生400円)
 開始少しまえ~現地DVD上映「辺野古・住民たちの抵抗と海上の闘いの今」
(両日とも、会場は「スペースたんぽぽ」です)
━━━━━━━


┏┓
┗■1.鹿児島現地から訴える ストップ!!川内原発再稼働
 │ 先月27日、木曽の御嶽山の大噴火、誰ひとり予知出来ず!
 └────(かごしま反原発連合有志 岩井 哲)

◎昨年11/20、小笠原・西之島近くに突如“新島出現”、その後成長
◎今年8/3、屋久島町・口永良部島の新岳が突如噴火、現在も噴煙

今回の御嶽山噴火についての政府筋のコメント
 ★小渕経産相:「火山対策も含めて、世界で最も厳しい新規制基準に適合
  した」・・ウソばっかり。火山対策は元々抜けており、パブコメ後も
  完全スルー。
 ★菅官房長官:「川内原発は火山が(周囲に)あって、火砕流がそこまで
  行かないことは明快。全く心配ない」・・なぜ「明快」なのか、
  まったく根拠不明。
 ★田中俊一原子力規制委員長:「水蒸気爆発と大噴火を一緒にするのは
  非科学的」・・爆発の種類の違いをいくら語っても、噴火は噴火、
  被害は被害。
  そもそも、「火山学」に何の知見もないエセ科学者の逃げ口上。

火山噴火について、九州電力のコメント
 ★九州電力:「噴火は監視出来る」「噴火の兆候があれば核燃料を外へ
  運び出す」・・監視は出来ても「予知」は困難。冷やしてから運び出す
  のに数年かかるというのに、分かるのは早くて数日・数時間前らしい。
  どこへ持って行くかもあてはない。出来もしないタワゴトはやめてくれ。

予知連・藤井会長のコメント
 ★藤井会長:「予知連に予知しろと言われても術(すべ)がない」「規制委
  に予知する術があるとも思っていない」・・日本最高の火山学者の集まり
  が「予知連」、その「予知連」がお手上げ状態。まして「お手上げ予知連
  」にダメを出された規制委が、何を言っても、空しい。今や規制委員会は、
  原発「推進委員会」!

動き出した「中央構造線(=日本最大の活断層)」、
その先端が川内原発まで伸びている。これを無視して、
原発再稼働は許されない!!


┏┓
┗■2.927~928「川内原発再稼働を許さない共同行動」に参加して
 │ 相談会~交流会。全国からの参加者との距離が短くなったと実感
 │ 川内原発近くの砂浜に作られた「川内原発テント」を訪問
 │ 大袈裟でなく、今まさに、日本の歴史、人類の歴史の分岐点
 └────(松本英治 神奈川県在住)

 2014年9月27日(土)、鹿児島空港から川内市内へ向かうバスの中で、
<御嶽山噴火>(長野県と岐阜県にまたがる)のニュースがネットから飛び込
んで来ました。何の因果なのか?
 川内原発の近くには桜島を始めとして火山が複数ある。今回、川内原発に行
く前の学習会で、何度、「火山噴火が原発事故の致命的な原因」になると聞い
たことか。
 夕方から、再稼働阻止全国ネットワ-クの相談会。約200名が参加。再稼働
阻止のための意見が多数出されます。夜は交流会。やはり、直接、顔と顔を会
わせ、話し合う事が一番のコミュニケーションですね。全国からの参加者との
距離が短くなったと実感。

 翌日28日(日)の午前中は、川内原発ゲート前抗議行動。約250名が参加。
「川内原発再稼働反対」のコールが何度も繰り返されます。広瀬隆さん(作家)
が持参した福島県の牛の特大写真パネル。牛には無数の白い斑点があります。
放射能で内臓がおかしくなった影響と考えられるとのお話。放射能の影響は牛
に留まらず、あらゆる生き物、勿論、ヒトにも。
 その後、川内原発近くの砂浜に作られた、経産省前テントの兄弟分の川内原
発テントを訪問。テントを立てられた方々、そして、監視の為にテントにいる
方々の執念に深く敬服。

 午後からは、鹿児島市内、天文館公園にて「ストップ川内原発再稼働!
9.28全国集会」約7500名の参加者。そして、約2時間のデモ行進。鹿児島
の人々に、全国の人々に「川内原発再稼働反対」を心の底から訴えました。
 デモ終了後、木田せつ子さん(福島の女たち)が辻説法をすると聞き、天文
館の繁華街の一角に飛んで行った。福島の悲惨な状況を聞くにつれ、比喩でな
く、体が震える。いま現在、全く収束していない福島原発事故がある一方で、
川内原発の再稼働? 大袈裟でなく、日本の歴史、人類の歴史の分岐点に、今、
私たちは生きています。

 ヒトとして、生物的反応として、殺されない為に、
 脱原発しか選択肢はあり得ません。

 最後に、今回の行動に対して、事務局宛てに、多数の方からカンパを頂き、
参加者は旅費の一部を援助して頂きました。ありがとうございました。
この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。


┏┓
┗■3.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 └────

◆特別上映会「イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘」

 日時 2014年10月15日(水)10時30分
 参加費 無料(参加ご希望の方は電話またはメールでご連絡ください)
 場所 日本キリスト教会 豊島北教会(東京都豊島区千早3-37-2)
 交通 東長崎駅徒歩10分、千川駅徒歩10分
 地図 http://toshimakitachurch.com/

 主催:日本キリスト教会震災対策事務所、応援:スタジオGAYA
 問合せ メール ishiyama.arch@setagaya-mura.net TEL 03-6319-8958
 HP http://setagaya-mura.net/jp/news.html#140915-2

 日本キリスト教会では、この10月に開催される大会(全国総会)で
 「原子力発電に関する見解」(仮題)を採択しようとしています。
 それに先だって、大会初日に、原子力発電について考える手掛かりとして、
 2010年のドイツのドキュメンタリー映画“YELLOW CAKE THE DIRT BEHIND
 URANIUM”を上映いたします。
 この映画はウラン鉱石の粉末精製の問題を追ったドキュメンタリーです。
 脱原発政策を打ち出したドイツから発せられる -決して声高にではない-
 静かなメッセージに、ご一緒に耳を傾けたいと思っています。


┏┓
┗■4.新聞から
 └────

◆電力5社、相次ぎ停止 再生エネルギー新規契約
 (10月1日 朝日新聞 名古屋 朝刊より)(見出しのみ)

◆九電が首都圏で電力小売り参入へ 千葉に大規模発電所
 (9月30日 朝日新聞より)(見出しのみ)

◆川内再稼働、年明け以降に 九電、工事計画一部提出
 (9月30日 共同通信より)

 九州電力は30日、川内原発(鹿児島県)1号機の再稼働に必要な工事計画
の補正書の一部を原子力規制委員会に提出した。ただ約2万ページのうち約
600ページにすぎず、残りや2号機分は予定していた9月末から遅れ、
10月中の提出になる見通し。工事計画の審査や地元同意の手続きにも時間が
かかるため、再稼働は年明け以降にずれ込む可能性が大きくなった。
 規制委は川内1、2号機が規制基準に適合していると認めているが、建物や
機器の詳細な仕様を示した工事計画や、運転管理体制をまとめた保安規定の審
査を続けている。

◆御嶽山噴火、水蒸気爆発の典型的な前兆あった レベル2出すべきだった
 有珠山予知の学者が批判  (10月3日 東京新聞より)

 御嶽山噴火で、事前の警戒レベルを平常の「1」のままにとどめた気象庁に
対し、2000年3月の北海道・有珠山噴火を予知し、住民の被害を防いだ岡田弘
北海道大名誉教授(70)=火山学=は「水蒸気爆発の典型的な前兆現象がみられ、
レベル2に引き上げるべきだった。現地に密着した専門家不足」と批判した。
(中略)
 レベル2に引き上げた場合、火口周辺への立ち入りが規制され、観光業へ影
響も予想される。「責任追及を恐れて、対策が遅れかねない。全国一律の
マニュアルではなく、地域の事情に応じて登山口に「地震が続いています」と
いった啓示を出す方法なども柔軟にとるべきだ」と提言する。(中略)
「気象庁は反省し、長年、毎日同じ山の顔を見ている専門家を育宛て、現地に
密着しないと活火山とは付き合えない」

◆有珠山抱える自治体では前兆現象=噴火の認識
 (10月2日 室蘭民報より)

 御嶽山(標高3067メートル)の噴火は、噴火警戒レベル「1」(平常)
の状態から噴火後にレベル「3」に上がり、警戒レベルの伝達・運用の在り方
に課題を投げかけた。同山と同じ常時観測が行われている活火山の有珠山(標
高733メートル)を抱える周辺自治体では、過去の噴火とその対策の経験か
ら共通の認識を持っているが、あらためて行政、住民が警戒レベルだけに左右
されない判断が求められている。(つづきは次のURLから)
 http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=22237

◆川内原発の火山影響 論議再燃 九電「3万年前、火災流到達」
 (10月3日 東京新聞「こちら特報部」より)

 戦後最悪の火山災害となった御嶽山の噴火。この事態を受け、九州電力川内
原発(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に懸念が高まっている。九電は観測強化
を主張し、政府は「再稼働には影響しない」と繰り返している。だが、九電は
3月、約3万年前に近隣の火山の噴火で、火砕流が川内原発の地点に及んでい
たとする試算を公表している。
 今年3月、原子力規制委員会による川内原発の安全基準審査の会合で、ひと
つのヤマ場があった。九電が約3万年前に鹿児島県の姶良カルデラで起きた、
大規模な「破局的噴火」に伴う火砕流が、約50キロ離れた川内原発に及んでい
た可能性を初めて認めたからだ。(中略)
 九電は「原発の運用期間中に(3万年前のような)巨大噴火が起こる可能性
は十分に低い」「火山活動の観測を強化する」と危険性を否定。原子力規制委
も、九電の判断を「妥当」と追認した。
 だが、御嶽山の噴火後、この審査の結論を疑問視する声が高まっている。
(後略)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
 へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
   郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
 メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
 1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
 日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
 以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
 2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及
 び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
 送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
 なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
 都合上すべてを掲載できない場合があります。
 たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
 予めご了承ください。
──────────
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページをご参照下さい。
 ◆メールマガジンを送ります
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
  ご希望の方は、件名を「メルマガ希望」としてご自身のEメールアドレス
  からご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
  違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
  なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯への送信は、1回の容量が多いためか全文配信されない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net



トップページ » 原発情報 » 地震と原発事故情報アーカイブ » 2014年10月の地震と原発事故情報 » 【TMM:No2297】2014年10月3日(金) 地震と原発事故情報|鹿児島現地から訴える ストップ!!川内原発再稼働 先月27日、木曽の御嶽山の大噴火、誰ひとり予知出来ず!(岩井哲)|9/27~9/28「川内原発再稼働を許さない共同行動」に参加して 相談会~交流会。全国からの参加者との距離が短くなったと実感(松本英治)|読者からイベント案内|新聞より|