【TMM:No2295】2014年10月1日(水) 地震と原発事故情報|9/27川内原発再稼働阻止・相談会及び9/28集会・デモの報告(水尾寛己)|原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その21(木村雅英)|10/9(ちょぼゼミ)「東電福島第一原発事故と川内原発再稼働」講師:田中一郎さん(冨塚元夫)|読者からイベント案内|新聞より|

たんぽぽ舎です。【TMM:No2295】
2014年10月1日(水)地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
                           転送歓迎
━━━━━━━
★1.今回の御嶽山の噴火は原発再稼働に対して地球生命体から
   私たち日本人への念を押した警鐘のように思われた
   御嶽山噴火で各代議士は目を覚ませ!再稼働をストップ
   9月27日の川内原発再稼働阻止・相談会及び28日の集会・デモの報告
   川内原発の再稼働阻止全国行動は10月26日に決定
                          水尾寛己(たんぽぽ舎会員)
★2.原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その21
   原子力規制委員会の最初の不祥事 名雪審議官事件
   この始末の仕方が示す事業者癒着体質!
                       木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
★3.10月9日(木)「ちょぼちょぼ市民のためのちょぼちょぼゼミナール」
   (ちょぼゼミ)『講師:田中一郎さん』
   「東電福島第一原発事故と川内原発再稼働」
                    冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)
★4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
  ◆10/12「祝(ほうり)の島」上映会&纐纈あや監督と昼食会・トークのご案内
              会場:大田区立消費者生活センター
            主催:3わ会・耕す人びと大田・まちづくりエンパワーメント
★5.新聞より
  ◆原発優先 縮む再生エネ 電力会社 買い取り中断次々
       受け入れ未整備     (10月1日東京新聞朝刊より抜粋)
━━━━━━━
※川内(せんだい)原発再稼働やめろ! 永遠に原発ゼロに!
 10/1(金)第120回首相官邸前抗議にご参加を!
 日時:10月1日(金)18:00~20:00
 主催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
    当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照
○たんぽぽ舎はいつものように13:00集合、ビラ折りやプラカードづくりの作業、たんぽ
ぽ舎16:20出発、17:00頃、関西電力東京支店(富国生命ビル9F)前で短時間の抗議コール。
17:15「経産省前テントひろば」集合。
 1~5班にわかれて17:30官邸前、国会前へ出発。20:20経産省前テントヨコでまとめの
集会と東電抗議の際の楽器練習(短時間)。参加歓迎!
━━━━━━━

┏┓
┗■1.今回の御嶽山の噴火は原発再稼働に対して地球生命体から
 |  私たち日本人への念を押した警鐘のように思われた
 |  御嶽山噴火で各代議士は目を覚ませ!再稼働をストップ
 |  9月27日の川内原発再稼働阻止・相談会及び28日の集会・デモの報告
 |  川内原発の再稼働阻止全国行動は10月26日に決定
 └──── 水尾寛己(たんぽぽ舎会員)

○ 川内原発の再稼働を阻止するために、9月28日午後に全国集会、デモが天文館公園で
行われた。前日の27日午後4時からは、再稼働阻止全国ネットワークの全国相談会が106
名+αの出席のもとに川内文化ホールで行われた。相談会では基調提起、現地情勢報告、
招待発言、各地報告などがあった。
 会場は全国リレーアクションによって集まった熱き「寄せ書き横断幕」で囲まれ、活気
ある発言が続いた。
 今後の方針では、特に川内原発の再稼働を許さないための山場の行動日について議論に
なり、まずは川内市議会での再稼働決定の阻止が差し迫った課題で、住民説明会後の市会
の動向、それに対する現場の意見・対応を調整した結果、10月26日に山場の集会を設定す
ることになり、全国からもそれに向けて支援することを決定した。
 川内原発再稼働阻止のための具体的行動として、川内市民を代表に各自治体の議員から
なる川内市会への請願書提出計画、反原連と地元による脱原発チラシの川内市民8万人ポ
スティング計画、ハガキによる反対・賛成アンケート、集会での放射能による牛の奇病の
公開などマスコミ対策など効果的な行動についての追加意見があった。 また、川内原発
の近くの国有地に6番目のテントが設置されているとの報告もあった。

○ 9月28日午前中はバス2台と乗用車で川内原発ゲート前に200名が集合し、再稼働反
対のシュプレヒコール、九州電力への申し入れを行ってきた。その後、相談会で報告のあ
ったテントを見学した。川内原発の天井が見える丘と海が見える、広々した砂原の大地の
上にトイレテントと3種類のテントが設置されており、頼もしく感じられた。午後は天文
館公園で集会・デモがあり、7,500人の熱気で市民へアピールした。

○ 今回、2日間参加しての感想を述べると、まず、地元の参加者が真剣になっているこ
とを強く感じた。しかし、多くの川内市民に「放射能の恐ろしさ、福島の被害の真実」を
知らされていないのでないか、火山噴火を伴う原発事故が起きた場合に「避難ができなく
放射能に汚染される」「大地、水、植物、動物は放射能に汚染され、永年、居住地を失っ
てしまう」ことを理解して頂いていないのではと思った。九電による安全神話とマスコミ
の「原発の危険性についての情報提供不足」によるところが多く、マスコミに強くしつこ
く協力を求めていく必要がある。また、マスコミが頼りにならない中で、脱原発ちらしの
川内市民へのポスティングが、原発再稼働阻止についての市民の理解を広げることを期待
したい。

○ また、27日の相談会の途中で緊急報告のあった御嶽山噴火は、火山の専門家が言って
いた「噴火の予知はムリ」であることを直に証明してくれたと言える。福島第一原発事故
は首都圏手前での事故であったし、今回の御嶽山の噴火は、原発再稼働に対して、地球生
命体から私たち日本人への念をおした警鐘のように思われた。地震学者の石橋克彦氏が告
発していた「川内原発再稼働の審査書決定は無効」との理由が現実に証明されたと言える。
川内市会議員、鹿児島県会議員、国会議員の方々は、市民、県民、国民それぞれの代表
者であるならば、「今回の御嶽山噴火を再稼働に対する自然からの警告」と受け止めて、
目を覚まして頂きたいと思う。
 そうして、日本を滅ぼすリスクを放置する鈍感な安倍晋三の原発再稼働にストップをか
ける役割を果たして頂きたいと願う。


┏┓
┗■2.原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その21
 |  原子力規制委員会の最初の不祥事 名雪審議官事件
 |  この始末の仕方が示す事業者癒着体質!
 └──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

○ いささか古い(2013年春)事件であるが、原子力規制委員会が発足して半年後に判明
した名雪審議官事件とその始末の仕方は、原子力推進組織からの独立性を要求されている
規制委・規制庁の実態を表す重要な事件だ。
 事件のあらましは次のとおり(共同通信、2013年3月31日)
「文部科学省は31日、官房付で元原子力規制庁審議官の名雪哲夫氏が山形大に出向する人
事を発表した。31日付。規制庁審議官在任中、電力事業者に資料を漏えいした問題で処分、
更迭された。山形大では教授に就任予定で、放射線分野の研究をするという。
 名雪氏は1月、日本原子力発電敦賀原発(福井県)の断層調査をめぐり、原子力規制委
員会の調査団が評価会合を開く前に、日本原電の求めに応じて報告書原案を渡した。また
内規に違反して1人で日本原電側と面会していた。規制庁は2月1日付で名雪氏を訓告処
分とし、出身官庁の文科省に出向させていた。」

○ この事件は次のことを如実に表している。
(1)規制庁の事業者との癒着
 原子力規制委がまだ国会同意を得ていない(同意は2月15日)時に、規制庁ナンバー3
の審議官が一人で事業者(日本原電)幹部3人と面会し規制側の報告書案を事業者に渡し
たのだ。明らかな事業者との癒着である。新組織の初めての不祥事なのだから、他に同様
の事例が無いか、各部門で事業者とどう対応しているかを調査し問題点を改善するべきで
あるのにそれをせず、おまけに訓告処分で人事記録にも残らない甘い甘い処分で終わらせ
た。規制委・規制庁で、事業者との癒着が発足直後から蔓延していることを象徴的に表し
ている。
(2)ノーリターンルールの形骸化
 おまけに、処分されるべき名雪元審議官はノーリターンルールに反して出向元の文科省
に戻り、更に山形大教授に就任したのだ。名雪氏の後輩の規制庁職員がそれでも更迭で気
の毒とかばっていた、事の重大性が分かっていない証拠だ。

○ 川内原発の再稼働審査においても公開されている審査会合とは別に、毎日のように規
制庁と九州電力とが事業者ヒアリングと称する内緒話を繰り返している。その為に、九電
の技術者170人以上が東京に常駐しているという。
http://www.nsr.go.jp/activity/regulation/tekigousei/shinsa/sendai12/meeting/index.html
 今も、名雪審議官事件の反省もせずに、規制委・規制庁と電力会社との秘密癒着会合が
続けられているのであろう。


┏┓
┗■3.10月9日(木)「ちょぼちょぼ市民のためのちょぼちょぼゼミナール」
 |  (ちょぼゼミ)『講師:田中一郎さん』
 |  「東電福島第一原発事故と川内原発再稼働」
 └──── 冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)

 田中一郎さんをご存知ですか?
 金曜日に首相官邸前や経産省前テントひろばのあたり、土曜日に疎開裁判の会の人たち
と一緒に、彼の「論文」を配っている方です。自称「ちょぼちょぼ市民」です。
 彼の最初の論文は「シーベルトへの疑問」(2012年4月16日)だったと思います。その
ころ私は、原発のにわか勉強をしていましたが、ベクレルは科学的数字のようですが、
シーベルトはどうもそうとは思えないと思っていました。それでこのような論文は貴重だと
思いました。2012年にはさらに新規制基準、ストロンチウム、汚染水に関する論文があり
ました。2013年は甲状腺がん、パブコメ、原発事故賠償問題、食べ物の汚染などの論文が
ありました。

 たんぽぽ舎のある学習会に来られた時、原子力賠償の法律・組織・実態について詳しく
話してもらいましたが、このように詳しい人はあまりいないと思いました。2014年には福
島県民健康調査、川内原発再稼働の論文があり、新しいのは「放射能安全神話(政府広報)
批判」です。このように時宜を得て考えを発表しています。
 更にふくしま集団疎開裁判の会のMLで連日その時の話題についてコメントしています。
 連日A4用紙に数枚の長さのメールを複数発信されています。このようにできるには
膨大な知識の累積が必要と思います。印象に残ったのは、従軍慰安婦問題に関する右派ジ
ャーナルの朝日新聞バッシングをすぐ批判したこと、最近の吉田調書に関する吉田元所長
批判です。これはまだ続いていますから、「いちろうちゃんのブログ」でご覧ください。

 さて、このような一郎ちゃんが自らを「ちょぼちょぼ」だというのは、小田実の影響の
ようです。小田実は「人間みなちょぼちょぼ」という持論を展開していましたが、みなが
「みなちょぼちょぼ」という哲学を持てば、戦争も内ゲバも起きないだろう。
 「おれが偉いんだ。上なんだ。指導するんだ。絶対だ。」というところから不幸が始ま
る。べ平連の運動原理と言われています。
 かれの論文やメールのボリュームが多くてなかなか読めない方のために、ちょぼちょぼ
ゼミナールを企画しました。是非ご参加ください。

  ◆「東電福島第一原発事故と川内原発再稼働」
   講 師:田中一郎さん
   日 時:10月9日(木)19時より21時(開場18時30分)
   会 場:「スペースたんぽぽ」ダイナミックビル4F
   資料代:800円(学生400円)


┏┓
┗■4.メルマガ読者からイベント案内(問い合わせは主催者へお願いします)
 └──── 

 ◆10/12「祝(ほうり)の島」上映会&纐纈あや監督と昼食会・トークのご案内

日時:10月12日(日)10時と14時(それぞれ上映終了後にトーク予定)
会場:大田区立消費者生活センター(JR蒲田駅東口より川崎駅側に徒歩3分)
直接会場へ
主催:3わ会・耕す人びと大田・まちづくりエンパワーメント
問い合わせ:コウダツ 090-7256-3412  soukichi520@docomo.ne.jp
会費:1000円 

 纐纈あや監督をお招きして最近の島民の様子などもお聞きしたいと計画しました。原発
の再稼働阻止に向けての話し合いもしたいと思います。
 是非ご来場下さい

スロー・シネマ・カフェin大田 10月のドキュメンタリー映画は
「祝の島」http://www.hourinoshima.com/
予告編 http://www.youtube.com/watch?v=fn2qN9kp204


┏┓
┗■5.新聞より
 └──── 

 ◆原発優先 縮む再生エネ 電力会社 買い取り中断次々  受け入れ未整備

 太陽光を中心とする再生可能エネルギーの新規受け入れを中断する動きが拡大し、太陽
光発電を予定していた事業者などからは怒りと戸惑いの声が上がっている。北海道、東北、
東京、関西、四国、九州の電力六社に続き、沖縄電力も三十日、八月八日から新たな受
け入れを中断していたことを明らかにした。国は原発再稼働を急ぐ一方で、再生エネの受
け入れ態勢を整えないまま事業者の発電計画について買い取りを認定。制度設計の甘さが
浮き彫りになった形だ。(後略)
  (10月1日東京新聞朝刊より抜粋)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
 へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
   郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
 メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
 1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
 日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
 以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
 2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及
 び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
 送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
 なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
 都合上すべてを掲載できない場合があります。
 たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
 予めご了承ください。
──────────
 ◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページをご参照下さい。
 ◆メールマガジンを送ります
  たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
  発信しています。
   ご希望の方は、件名を「メルマガ希望」としてご自身のEメールアド
  レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
  違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
  なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
  たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
 ◆携帯への送信は、1回の容量が多いためか全文配信されない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
HP http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net



トップページ » 原発情報 » 地震と原発事故情報アーカイブ » 2014年10月の地震と原発事故情報 » 【TMM:No2295】2014年10月1日(水) 地震と原発事故情報|9/27川内原発再稼働阻止・相談会及び9/28集会・デモの報告(水尾寛己)|原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その21(木村雅英)|10/9(ちょぼゼミ)「東電福島第一原発事故と川内原発再稼働」講師:田中一郎さん(冨塚元夫)|読者からイベント案内|新聞より|