2014年度・サクラ調査のお知らせ(第11年目=11回)

┏┓
┗■  サクラ調査のお知らせ(第11年目=11回)
 │  原発からの放射性物質が環境に及ぼす影響を調べるサクラ調査を今年も実施します
 └──── 山田昌郎(サクラ調査ネットワーク)

 原発からの放射性物質が環境に及ぼす影響を調べるサクラ調査を今年も実施します。
この調査は2004年から毎年実施しており,11回目となります。昨年は宮崎から北海道までの
26のグループまたは個人により調査が行われました。
 調査方法は,サクラの木1本あたり1000個を目安に花を一つずつ観察し,花弁(花びら)
の枚数(5枚が正常),がくの数(5個が正常),花弁のギザギザ・切れ込み・重なり
・変形・つき方異常,がくの花弁化,雄しべの花弁化,花そのものの矮小化の有無を確認
していくものです。昨年の調査結果は,報告集(pdf)として公開しています。

  『サクラと環境・原発 調査・報告集(第10集) 2013年』

 調査方法の詳細につきましてはこの報告集をご参照いただき,ご無理のない範囲で
ご近所のサクラのお花見を兼ねて観察していただけましたら,結果をたんぽぽ舎宛に郵便,
メール等でお寄せ下さい。昨年同様7月頃までに報告集にまとめてホームページに掲載を
予定しております。ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。

《ダウンロードしてご使用ください》
 調査要綱と調査票(2014年度)(PDF 337KB)

※集約先:サクラ調査ネットワーク(データ集計担当ボランティア:山田昌郎)
 〒101‐0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5Fたんぽぽ舎内
         TEL 03-3238-9035   FAX 03-3238-0797
         Eメール:nonukes@tanpoposya.net


トップページ » イベント情報 » 2014年度・サクラ調査のお知らせ(第11年目=11回)