2012年 6月30日 映画&トーク【Hibakusha】ほか

【新作海外ドキュメンタリー上映&トーク】

日時:2012年 6月30日(土)
会場:スペースたんぽぽ

【第一部】 13:00開場 13:30開演
「Hibakusha ~広島から福島へ続く原子力ビジネス~ 」上映会
入場料:[第一部のみ]1000円、


【第二部】 15:00開演
フクシマ最新映像(ジャーナリスト横須賀裕治氏撮影)上映会
入場料:[第二部のみ]1000円、[第一部から引続きの方]1500円

ゲスト:村田訓吉さん、増山麗奈さん

共催:いろりばた会議、WAPA(World Anti Nuke PeaceAction)
協力:たんぽぽ舎

お問い合わせ先
 070-5540-2910(村田)
 info@renaart.com(増山麗奈)


-・-・-・-・-・-・-・-・-
・・・映画「Hibakusha」について・・・

3.11から一年を経た日本。巨大な力で勧められてきた原子力政策と、それに対抗し、たちあがる民衆の姿を伝えるドキュメンタリー。

2月に来日したド イツ人監督ラルフ・T・イーメイヤー氏とドイツのエネルギー政策担当ドロテー・メンツナー連邦議員による共同監督作品。福島第一原発30キロ圏内への取材、もんじゅ敦賀原発地元への取材、福井若狭湾の原発が止まった関西電力への取材、福島の母、原発震災避難母、広島の被爆者へのインタビューなど。

エネルギー転換期を迎えた日本の姿を、同じ工業国であり3.11後に脱原発へいち早く舵をきったドイツか らの目で切り取る。ジャーナリストの鋭い目は、広島での原爆投下後、アメリカ占領の中で、経済発展の夢 とともに導入された“原子力の平和利用”のベールを暴き、日本人がだまされ続けてきた原子力資本主義の姿を浮き彫りにする。

本作はドイツ、フランスでテレビ放映され、大きな反響を読んだ。

<ドキュメンタリー出演者>
肥田舜太郎(医師)、小出裕章(京大原子炉実験所助教)、アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション)、山本太郎(俳優)、中島哲演(明通寺住職)、服部良一(衆議院議員)、田中利幸(広島)、村田訓吉、増山麗奈 ほか
-・-・-・-・-・-・-・-・-


(関連情報)

5月22日午前11時より、WAPA(World Anti Nuke Peace Action)が日本語版製作を勤める映画「Hibakusha ~広島から福島まで続く原子力ビジネス~」(ドイツ/ドロテー・メンツナー・ラルフ・T・ニーメイヤー監督)の上映会・記者会見が行われます。
http://wapa.at.webry.info/201205/article_9.html



トップページ » イベント情報 » 2012年のイベント » 2012年 6月30日 映画&トーク【Hibakusha】ほか