2012年 4月 6日 『福島原発多重人災』出版記念講演

出版記念講演
『福島原発多重人災』 東電の責任を問う
 ─ 被害者救済は汚染者負担の原則で

日時 2012年4月6日(金)18:45?21:00
場所 スペースたんぽぽ(たんぽぽ舎4階)
講師 槌田敦さん(著者、物理学者、環境経済学者)
企画 スペースたんぽぽ

内容紹介:
 水素爆発だけではなかった。海水注入は愚策。従来の説明の矛盾をつき、大事故、大汚染を起こした責任を追及する。



新刊『福島原発多重人災─東電の責任を問う』

槌田敦・山崎久隆・原田裕史 著
ISBNコード978-4-535-58599-7  発刊日:2012.03
判型:A5判 ページ数:184ページ

定価:税込み 1,680円(本体価格 1,600円)
http://www.nippyo.co.jp/book/5854.html

-----もくじ-----
1    原発震災の歴史的意味……山崎久隆
 第1章 原発震災前史
 第2章 自然の力を軽視したツケ
 第3章 次に原発震災が起きる場所
 第4章 福島第一原発で起きたことの再検証
 第5章 電力不足キャンペーンのウソ
 第6章 今後も続く、とてつもない危機

2 これは事故を超えて犯罪だ……槌田敦
 第7章 考え得る原発過酷事故の勢揃い
 第8章 福島原発事故による人体被害
 第9章 汚染日本で暮らすための汚染者負担の原則
 第10章 未必の故意による事故と業務上過失で拡大した被害

3 [討論]福島原発事故の疑問を解く……槌田敦・山崎久隆・原田裕史



トップページ » イベント情報 » 2012年のイベント » 2012年 4月 6日 『福島原発多重人災』出版記念講演